Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.28 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

NBAバスケ

#70 スパーズ VS ウォーリアーズ

こんばんは、ハチです。

スパーズのGAME70はゴールデンステイト・ウォーリアーズと対戦。

GSW@SAS 96-111




マヌの活躍でスパーズ快勝も
ダンカンが足首故障で離脱


M・ジノビリ 28得点/3リバウンド/3アシスト/3スティール

試合開始まもなく、T・ダンカンがリバウンドの際に相手の足に降りそうになり
回避しようとしたところ足首を捻ったようです

ま、ゆっくり休んで治してもらいましょう。
プレーオフで元気なプレーを見せてくれればいいんです

57勝13敗

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.31 Thursday
  • 20:25

NBAバスケ

#69 スパーズ VS ボブキャッツ

こんばんは、ハチです。

スパーズのGAME69はシャーロット・ボブキャッツと対戦。

CHA@SAS 98-109



ダンカン温存作戦のスパーズ
ベンチ陣の活躍でボブキャッツを撃破


S・ノバック 19得点/4リバウンド スリーポイント8本中5本成功

シーズン途中から加入し、10日間契約から今シーズンいっぱいの契約を得た
S・ノバックが18分のプレータイムで効率の良い活躍。

ボブキャッツはG・ウォレスの放出の影響か、明らかにチーム力が下がったようです。

56勝13敗

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.31 Thursday
  • 20:00

NBAバスケ

#68 スパーズ VS マーベリックス

お久しぶりです。
ハチです、こんばんは。

スパーズのGAME68はダラス・マーベリックスとの対戦。

SAS@DAL 97-91



BIG3揃い踏み
強敵ダラスを蹴散らす


T・パーカー 33得点/4リバウンド/3アシスト
M・ジノビリ 25得点/5アシスト/3スティール
T・ダンカン 22得点/8リバウンド/2スティール/3ブロック

55勝13敗

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.31 Thursday
  • 19:55

NBAバスケ

#66 スパーズ VS ロケッツ

こんばんは、本日トリプルヘッダーのハチです。

スパーズのGAME66はヒューストン・ロケッツと敵地で対戦。

ロケッツはヤオ不在の中インサイドを支え続けたL・スコラを欠きます。
サウスウェスト・ディビジョンで最下位に沈んでいるとはいえ、
勝率5割はキープしているし、最近は昇り調子。
足元をすくわれないよう注意が必要ですね。

スイングマン好きな私は、ロケッツ2年目SFのC・バディンジャーがお気に入り。
K・マーティンもなかなか良いと思います。(NBA2K11でめちゃ使いやすいから)

SAS@HOU 115-107



T・パーカーが試合を決定づけるスリーをヒット
8選手が2桁得点のスパーズが接戦を制す

流れを掴んでからのスパーズの試合運びはさすがの一言です。
今回はきっかけがT・パーカーの角度ゼロからのスリーでした。
あとはフリースローでジワジワと点差を広げて逃げるパターン。

この試合で注目したいのは、D・ブレアーに代わって
最近先発出場が多いベテランのA・マクダイス


#34 A,McDyess

この試合、22分間のプレーで12得点/12リバウンドのダブルダブル。
いったいいつぶりなんだろうというくらい久々のダブルダブルだと思います
誠実な性格と堅実なプレーで本当に頼りになるベテランですよね。
プレーオフでも期待せずにはいられません

GO!SPURS!GO!!

  • 2011.03.16 Wednesday
  • 23:35

NBAバスケ

#65 スパーズ VS キングス

 こんばんは、ハチです。

スパーズのGAME65はサクラメント・キングスとホームで対戦。

SAC@SAS 103-108



BIG3が揃い踏み
キングスの追撃を振り切りスパーズ勝利

あれ?画像の試合結果の得点が違う・・・
108点が正しいですよ。

T・パーカー 27得点/6アシスト
M・ジノビリ 24得点/7アシスト/2スティール
T・ダンカン 15得点/10リバウンド/3スティール/1ブロック

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.16 Wednesday
  • 23:05

NBAバスケ

#64 スパーズ VS ピストンズ

お久しぶりです、ハチです。

スパーズのGAME63はデトロイト・ピストンズをホームで迎え撃ちます。

デトロイトは相変わらず変則的なローテーションを行っている様子。
PGのW・バイナムR・スタッキーはベンチ。
SGのB・ゴードンT・マグレディを先発起用。
で、R・ハミルトンもベンチスタート。

せっかく新人のG・モンローなど才能ある選手がいるのに
勝利につながっていないのが非常に残念。

DET@SAS 104-111



T・パーカ&マヌ好調
デトロイトの追撃を許さず完勝

T・パーカー 23得点/7アシスト/4スティール
M・ジノビリ 17得点/5アシスト/1スティール/1ブロック

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.16 Wednesday
  • 22:50

NBAバスケ

#62 スパーズ VS ヒート

こんばんは、ハチ。

スパーズのGAME62はマイアミ・ヒートをホームに迎えての大一番。

マイアミ・ヒートとは今季初対決。
おなじみL・ジェームスD・ウェイドC・ボッシュのBIG3に加え、
最近、攻撃的PGのM・ビビーをウィザーズから獲得。
一見着々と補強を進めているように見えますが、実際のところは機能してないような。
結局困った時はレブロンかウェイドなんですよねぇ、マイアミって。

そしてわれらがスパーズは、
なんと全治2-4週間と言われていたT・パーカーが脅威の回復力で復活
左ふくらはぎには白サポーターが見えますが、フットワークに問題はない様子。
たった2試合の欠場でスタメン復帰を果たしました

MIA@SAS 95-125



超高精度長距離砲が火を噴く
30点差をつけてスパーズ大勝


試合開始からM・ジノビリが猛アタックを仕掛けます
一気に8得点を奪取しマイアミを置き去りに。
そして伏兵M・ボナーの長距離砲“レッド・ロケット”が4発中4本すべて的中
スパーズはこのクォーター、11本中8本のスリーを成功させます。
審判の笛にも味方された感もあり、圧倒的なリードでほぼ試合を決めたような。

第2クォーターに入り、マイアミご自慢のBIG3エンジンがかかり始めます。
ボッシュはミドルレンジジャンパーを次々に成功。
レブロン&ウェイドは1on1からの突進でスリーポイントプレーを演出。

が、スパーズはその後2人にはファウルをせず、
ある程度やられてもいいやって感じのディフェンス。
カウントワンスロー狙いなのは明確ですからね。
さすがはスパーズ、いい判断だったんじゃないでしょうか
そのかわり他のプレイヤーにはほとんど仕事をさせず封じ込めました。

怪我から復帰したT・パーカーが第3クォーターだけで11得点荒稼ぎ。
15得点/8アシストで、20得点/7アシストマヌとともにマイアミをかく乱しました。

スリーポイントは28本中17本成功(60.7%)という脅威の成功率。
17本成功はスパーズのフランチャイズ記録だそうです

先発5人を含む、計8選手が2桁得点
終わってみればマイアミ・ヒートにとってはワーストの大量30点差をつけての大勝。

チームとしての熟成度の差が現れた形でしょうか。
次のレイカーズ戦へ繋がる良い試合内容だったと思います。

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.06 Sunday
  • 01:30

NBAバスケ

#61 スパーズ VS キャバリアーズ

こんにちは、ハチです。

スパーズのGAME61はクリーブランド・キャバリアーズと対戦。

その前のGAME60ではメンフィスにアッサリと完敗
T・パーカー欠場のなかG・ヒルがスタメンを務めましたが不発。
ターンオーバーをチームで20も犯しては勝てるわけありません。

クリーブランドは実力者A・ジェイミソンも怪我で離脱。
PG、M・ウィリアムズもトレードでチームを去りました。

スパーズにとっては調整という意味ではおあつらえむきの相手。
前の試合の反省点を改善していきましょ〜。

SAS@CLE 109-99



G・ヒルが面目躍如
チームトップの22得点を奪いキャブスを撃破

まったく頼りになる若手です。
22得点/5リバウンド/5アシストと文句なしの出来。
きっちりT・パーカーの穴を埋めるとともに、
前の試合の雪辱を晴らしてくれました。

インサイドではD・ブレアー14得点/10リバウンドとダブルダブルの活躍で援護。


活躍を求められている状況で、きっちり結果を残すG・ヒル
ポポビッチHCの信頼が厚いのも納得ですね

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.05 Saturday
  • 16:30

NBAバスケ

#59 スパーズ VS グリズリーズ

こんにちは、ハチです。

スパーズのGAME59はメンフィス・グリズリーズを本拠地で迎え撃ちます。

お、グリズにも「ヤング」の名を持つ選手がおりますな。
私が思うに「ヤング」という名の選手はみんなバスケが上手い 。
このサム・ヤングという選手はどうでしょうかね〜。

MEM@SAS 88-95



マヌ無双発動
オールラウンドな活躍でメンフィスを突き放し勝利

この試合、大活躍のマヌ35得点/6リバウンド/8アシスト/2スティール。

注目()サム・ヤング6得点と沈黙

問題はトニー・パーカーの怪我
今季のスピーディーなオフェンスをマヌとともに牽引する不動の司令塔。
相手PG、M・コンリーの足をひっかけ転倒。
左ふくらはぎのヒラメ筋を痛め2−4週間の離脱とのこと。
選手層としてはG・ヒルがいるので大丈夫かと思いますが、
絶対的な得点力を誇るパーカーの離脱は痛い
今季はここまで主力に怪我もなくきていただけに、今後が気になります。
ま、百戦錬磨のスパーズならすぐ状況に対応するんでしょうけど

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.03.05 Saturday
  • 16:10

NBAバスケ

#58 スパーズ VS ネッツ

こんばんは、ハチです。

スパーズのGAME58はニュージャージー・ネッツとの対戦。

オールスター前にGAME55でも対戦していますが、
その時とはネッツの顔ぶれが大きく違います。

まさに電撃というべきトレードでした。

デビン・ハリス&デレック・フェイバーズ を放出し、
ユタ・ジャズからデロン・ウィリアムズを獲得

NBAトップクラスのPG・デロンがまさか移籍するとは・・・

でもスパーズファンとしては、
デビン・ハリスがWESTに戻って来たことのほうが嫌だったりしますが

さてさて、スター選手のデロンを獲得したネッツは、どうなっていくのでしょうか。

NJN@SAS 96-106



選手層の厚いスパーズが、デロン率いる新生ネッツを撃破

前半シュートセレクションがイマイチだったデロンですが、
終わってみれば14得点/12アシストのダブルダブルでしっかり結果を出しました。

それでもデロン一人ではどうにもならない感じもしましたね。

スパーズは試合開始直後から
パーカー>>ブレアーのホットラインが冴え渡り、得点を量産。
追いつかれてもBIG3が着実に得点を追加し、流れは渡さない。
ベンチスタートのヒルボナーも要所でスリーを沈め、良い仕事をします

これからプレーオフに向けて、とにかくケガには気をつけてもらいたい。

GO!SPURS!GO!!
  • 2011.02.27 Sunday
  • 20:25