Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.28 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

青森

青森のB級グルメ筆頭!

こんにちは、ハチです。

弘前城を探索して歩き回り、ちょっと小腹のすいてきた私達は、
前から食べてみたいと思っていたメニューを思い出した。

弘前城からクルマで約30分。
お隣の黒石市が誇る、青森B級グルメの急先鋒。
以前このブログでも、つくったことがある「つゆやきそば」

普通につくったソース焼きそばに、
なんとしょう油ベースのスープをそそいで食べてしまおうという一品

DVC00116.jpg

お食事処 妙光(みょうこう)

お昼時のピークは過ぎていたので、すんなり店内に入れました。
ふだんは行列も覚悟ということなのでツイてましたね。
店内にはTV「ぴったんこカンカン」のTBSアナ安住さんや、
「まいうー」でおなじみホンジャマカ石ちゃんの写真&サインなどがありました。

DVC00121.jpg

つゆ焼きそば定食 750円

現在の黒石つゆ焼きそばのスタンダードになった、
熱々のスープに焼きそばを入れる製法。
野菜・肉と一緒に麺を蒸し煮してモチモチした食感を引き出した逸品。
スープとソースのバランスが絶妙。
テンカスがスープに溶けると、また違った味が楽しめる。
とってもと〜っても美味しくいただきました

移動の車内でお菓子ばっか食べてたゆうぞうは、
ちょっと食べただけですぐにお腹いっぱいのサイン。
何やってんだか・・・、もったいない。
私は本物のつゆ焼きそばを満喫、念願かなって大満足です
  • 2010.06.21 Monday
  • 18:40

青森

新緑の弘前城

こんにちは、ハチです。

リッチモンドホテル青森でゆっくり夜を過ごした我らは、
次の日、弘前城を見学に行きました。

青森市街から1時間ちょっと。
どこにクルマを停めていいのかわからず、しばらくウロウロしておりましたが
桜が満開の5月には、さぞ賑わったであろう新緑の弘前城は、
修学旅行生らしき一団以外はほとんど観光客はいませんでした。





戦国時代やお城に妙に詳しいゆうぞうから、
いろいろ解説してもらいながら、隅から隅まで見て回りました。

 

弘前城天守閣

城好きなゆうぞうも満足したようです。
歩き回ったら、なんだかお腹がすいてきた。
気がつけばお昼過ぎてる。
弘前まで来たからには、隣の黒石市に移動して「アレ」を食べに行こう

  • 2010.06.21 Monday
  • 06:00

青森

リッチモンドホテル青森

こんばんは、ハチです。

実家でおなかいっぱいになった我々が向う今夜の宿。

昨年12月にオープンしたばかりの、リッチモンドホテル青森

DVC00196.jpg

なんか青森じゃないみたいです・・・
「ここだけ丸の内みたい
と、今年の春から青森で仕事をしている知人が言っていたのを思い出しました。

DVC00202.jpg

DVC00197.jpg

DVC00199.jpg

フロントのある5Fロビー。
シンプルなのにゴージャス
ロビーのソファーでも一晩くらいどうってことないと思えるほどの癒され空間

DVC00193.jpg 

シングルのはずなのに、
お値段そのままに、ちょっと広い部屋を用意してもらえました。
ケータイの充電器を実家に忘れて参ったな〜と思ったら、
引き出しに全キャリア対応の充電器入ってるし。助かったわ〜。
LAN接続も無料だし。使わなかったけど。
ガウンみたいなパジャマ、タオル地で着心地良かったし。

ビジネスホテルでこれだけ居心地が良かったのは初めてです

ちょうどこの日の夜はW杯サッカーの日本vsカメルーン戦。
広々ベッドに横になりながら、地デジ対応26インチブラビアで観戦しました。

明日は戦国マニアのゆうぞう、たっての希望で弘前城を観光しに行きますぞ。
  • 2010.06.20 Sunday
  • 20:20

青森

こんどこそホタテづくしパーティー!!

こんにちは、ハチです。

弟ヒロのインプレッサで高速ドライブを楽しんだあとは、
待ちに待った夕食

知り合いの漁師さんが、この日のために鮮度抜群のホタテを用意してくれました。

DVC00207.jpg

まだパックンパックンと活きてます
にしても相変わらず量が多いな・・・

DVC00203.jpg

いざ、網の上へ
ホタテには、焼く順番があるのを知っていますか
ホタテ貝は、必ず表面が白い殻と色がついた殻が対になってできています。
まず色がついた殻のほうを下にして火にかけます。
しばらくしてある程度火が通ると、
貝殻の「つがい」の役目をしている筋肉(?)が切れて、パカッと口を開けます。
そうなったらひっくり返す。白い殻のほうを下にします。
貝柱は白い殻のほうにくっついています。
色のついた殻をパキッとはずして、蓋をするように置きます。(写真の状態)
白い殻は色のついた殻よりも深くなっているので、
ホタテからにじみ出てくるお汁がどんどんたまって、蒸し焼きのような状態になるんです。
そのお汁がなくなったら食べごろ。
しょう油をたらしても良し、そのままでも良し。
私はそのまま食べます。海の潮の味がダイレクトに感じられるから

DVC00088.jpg

さらに刺身やフライなど、まさに「ホタテづくし」な料理が並びます。
写真がないのは、またしても興奮のあまり食いまくってしまったから。
食べ終わったあとに「しまった、また写真忘れたぁッ」と後悔。スイマセン

ナマモノがあまり得意でないゆうぞうは、
肉を焼いて「スタミナ源たれ」を初体験。
美味しいとテンションが上がったのでホッとしました・・・。

最後は記念撮影



※左からハチ・ゆうぞう・父・母・弟ヒロ

その後、予約しているホテルに向かいましたとさ


  • 2010.06.20 Sunday
  • 13:30

青森

ホタテづくしのBBQパーティー!の前に・・・

こんにちは、ハチです。

大間から実家に戻ったのは、夕方5時頃。

実家ではコイツが待ち構えていました



弟ヒロのインプレッサ
白と黒のみの配色がカッコイイ

このクルマのシートに磔にされる加速を味わうと、
どうしてもこの歌が頭の中に響きわたります

そう、「頭文字D」ですね。
ヒロは最近あまり峠を走っていないとのこと。
サーキットでおこなわれるような、公式な競技会にシフトしていくかもだそうです。


  • 2010.06.19 Saturday
  • 09:00

青森

またまた来たぜ、大間!マグロ食わせろッ!!


ハチです。

霊場恐山でちょっぴり神妙な雰囲気になった我らは、
北上し、マグロの大間を目指します

去年はなんともミラクルなことに、
私達が大間に着いたちょうどその日の朝に、
2009年初めての大間沖マグロが水揚げされたのでした
最強のマグロ丼に舌鼓をうったのを昨日のことのように思い出します

さて今年は絶品マグロを味わえるでしょうか

DVC00233.jpg

イカ焼き、マグロ串、干しタコ焼きを焼くお姉さん

「今年はまだマグロ揚がってませんよ
ショッキングな情報をとてもさわやかな笑顔で言われました・・・。チーン

DVC00227.jpg

大間産マグロ(冷凍)のドンブリ。
お姉さんが「冷凍モノで良ければ」と正直に話してくれたので、
お姉さんの店でお昼をいただきました。
冷凍とはいえ、そこらへんの生マグロよりも全然コッテリ濃厚です。

DVC00231.jpg

海鮮たっぷり、潮さいラーメン

DVC00232.jpg

大間名産つるあらめ昆布を麺に練りこんだ、つるあらめラーメン
昆布の粘りなのか、麺のコシが強いです。

あとは記念撮影

DVC00223.jpg

マグロ漁師の拳と語り合う男・ゆうぞう

DVC00214.jpg

「に、にいさぁーーーん!」※車田正美先生風

DVC00211.jpg

さあ、今夜は実家でホタテづくしの夕飯だ。
安全運転で帰りましょ
  • 2010.06.18 Friday
  • 17:00

青森

実は初めてでした、恐山

こんにちは、ハチです。

野辺地駅前でプリウスを借りて、目指すは下北半島。
去年も大間・仏ヶ浦を回りましたが、今年は恐山(おそれざん)が目的です。
青森出身のハチですが、実は恐山は初めて。
はてさて、霊場恐山は一体どんな景色をみせてくれるのか。

IMG_0699.jpg

IMG_0702.jpg

三途の川に架かる赤い橋。
悪人には針が敷き詰められているように見えて渡れないのだそう。
私は悪人ではないようです。良かった

DVC00289.jpg

入り口である「総門」をくぐった先にある「山門」。
門の両側には金剛力士像(?)が立っています。

DVC00254.jpg

DVC00269.jpg

本尊安置地蔵殿でお参りを済ませ、
無間地獄といわれる岩山を上ります。
小さな石が小高く、無数に積まれた光景がいかにも地獄を連想させます

DVC00240.jpg

DVC00243.jpg

DVC00242.jpg

地獄のような岩山を下りてくると、
突然目の前がパッと開けます。

「極楽浜」と呼ばれるこの砂浜は異常なまでの静けさ。
ともすれば、ボーっと湖を眺めたまま何時間でも座っていそうな。
気持ち悪いくらい落ち着いてしまいそうで怖い

DVC00235.jpg

もっとも高いところに立つ、延命地蔵尊。
その周りをカラスが1羽、
私達を見張っているかのように飛んでいたのが妙に気になりました

霊場恐山、口で感想を説明するのはとても難しい。
あの雰囲気はやはり独特なものがあります。
「美しいのに哀しい」
そんなカンジでしょうか。
青森に行った際には、ぜひ一度立ち寄ってみてもらいたい場所ですね。
  • 2010.06.18 Friday
  • 10:40

青森

今年のレンタカーは「エコ」!!

こんにちは、ハチです。

今年の旅行で我々の「足」となってくれるのが、

ハイブリッドカー“プリウス”

DVC00302.jpg

ハイブリッドカーを運転するのは初めて。
結局最後までオロオロして手順に慣れることが出来ませんでしたが・・・

毎年ハンパじゃなく距離を走る青森旅行。
コイツの超低燃費に期待です
  • 2010.06.17 Thursday
  • 20:00

青森

青森いってきました♪

こんにちは、ハチです。

日曜の夜に出発した青森旅行。
3泊4日の日程を終え、昨夜埼玉に帰ってきました。
濃密だった昨年と比べると、今年は「広く浅い」カンジの旅行でしたかね。

出発した日曜の夜は、
青森駅まで行かないで実家に近い野辺地(のへじ)駅で下車
夜11時に到着したのでホテルは予約せず、実家に1泊しました。

DVC00309.jpg

野辺地駅にて ゆうぞう&ハチ
注)プロレス団体の社長と練習生ではありません。

マイマザーは翌朝5時起きだというのに、
カレーを作っておいてくれたり、
風呂沸かしといてくれたり、
布団敷いてくれたり、
何かと世話を焼きまくり深夜2時まで付き合ってくれました。
どうもありがとう

翌朝は地元料理で朝食。

DVC00307.jpgDVC00308.jpg

左:甘〜いおいなりさん。紅しょうが入りでさっぱり。
右:来客があるときは、なぜかうどんで迎えます。

お腹もほどよくふくれたところで、
この日は朝も早よから観光にお出かけ。

野辺地駅にレンタカー借りに行きます
  • 2010.06.17 Thursday
  • 14:00

青森

青森といえば・・・バナナ?

こんばんは、ハチです。

昨年12月のくみちょう主催、グンブロボウリング で知り合ったまこさん
ブログは大人気だし、ご本人もめちゃ美人
ハチ的にどストライクの素敵な女性ブロガーでございます。
まこさんのブログ→「まこの恋するブラんこ♪」

そのまこさんブログの1月10日の記事
キーワードは“青森土産のバナナサイダー”
・・・
青森県出身ですが、そんなの聞いたこともないよ〜
だいたい「みしま」っつったら静岡じゃないの
なんてハナっから信用しないでググってみたら・・・ありまして
まこさんスイマセン

八戸には昔から名水といわれる湧水があるそう。
いまでもこんこんと湧き出る白銀の「三島の水」がそれ。
八戸製氷冷蔵株式会社は大正十年以来、
その水で清澄な氷や飲料水をつくりつづけてきたそうです。
八戸製氷冷蔵株式会社トップページ

いろいろ調べているうちに、飲みたくて飲みたくて仕方なくなり。
ハチが誇る地元青森のネットワーク(母親)を駆使し、
1ダース大人買いでお取り寄せ〜



情報によると、キンキンに冷やして飲むのが一番美味しいそうなので、
今は冷蔵庫に入ってます。
明日の朝、仕事から戻ってお風呂上りにでもいただきましょうかね

その前に栓抜き買ってこなければ・・・。
なぜうちには栓抜きがないんじゃ〜
晩酌しないからじゃ〜
ふたが開けられなくておあずけくらうなんてガマンできませんからね
今から楽しみです

  • 2010.01.22 Friday
  • 19:15