Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.28 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポーツ

ユンケル

こんばんは、ハチです。

先日おこなわれたWBC。

優勝を決めた侍ジャパンの選手達が一同に会しての記者会見にて。

『収穫はイチローさんがユンケルを
試合開始1時間前に飲むことがわかったことです』

ソフトバンク・川崎宗則選手のコメント。

これが「ユンケル」ブランドに火をつけた。

ご存知のとおり、イチロー「ユンケル黄帝液」佐藤製薬とCM契約を結んでいる。



この会見の翌日26日には、消費者・小売店などから数十件の問い合わせが殺到した。

佐藤製薬によると、イチローが試合前に飲むのは、

シリーズ33種類のうち2番目に高価な

『ファンティ』(税込み3150円)



なかなか一般人には手の出せない価格ではありますが・・・

この『ファンティ』の効能は
  • すぐに勝負したい方
  • さあ頑張るゾ!という時
  • スポーツなどの前に
など、まさに天才打者のために用意されたかのような

“イチローモデル”ドリンク

どんだけ効くのか、一度でいいから飲んでみたいな


と、ここでちょっとヤらしい計算を

1本3150円に、MLBの試合数162をかけてみると・・・

510300ナリ

プレイオフに進んだらさらに増額・・・

5年9000万ドル(約110億円)を稼ぐイチローにとっては

1本30円くらいの感覚なのかもしれませんね



『イチロー人気止まらない!「試合前に飲む」でユンケル大反響』
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090327-OHT1T00050.htm



  • 2009.03.27 Friday
  • 19:40

スポーツ

世界最強!日本”野球”!!

こんばんは、ハチです。

昨日、日本中が盛り上がった話題といえば・・・

藤原紀香&陣内智則離婚!ではなく、

WBCの侍ジャパンです

決勝で韓国と対戦した日本

終始、主導権を握って試合を展開しましたが、9回に同点に追いつかれ

それでも延長戦の末、イチローの決勝打により5−3で勝利



WBC2連覇を果たしました

苦しかったですね〜

第1回大会も苦しみましたが、今回も凄まじい重圧だったんではないでしょうか。

”ベースボール”発祥の国・アメリカを倒し、

”北京五輪優勝”の国・韓国を倒した、

”WBC2連覇”の国・日本




麻生首相の言葉じゃありませんが、

勇気と感動をありがとう!!



今大会、テレビ放送での解説陣も素晴らしかったですよね。

特に古田氏清原氏

それぞれの得意分野、違う目線からの解説は聞いていて楽しかったです。

日本プロ野球のシーズンも、的確なコメント期待します!

『世界最強』・・・ん〜、たまらない響きだ

  • 2009.03.25 Wednesday
  • 00:30

スポーツ

WBC 日本9ー米国4


こんにちは、ハチです。

WBCの準決勝。

侍ジャパンは米国を倒し決勝進出を決めました

今大会、なんだか韓国とばかり試合してる気がしてたので、

アメリカ と戦ってる日本チームを観るのは、新鮮なカンジがしました。

アメリカも、初回からホームランがあったり、



逆転されても追い上げてくる意地を見せてくれました。

勝ったから言うわけではないですが、

見どころがたくさんあったいい試合だったと思います

この試合のキーマン4番の稲葉だったと思います。



得点のきっかけは稲葉でしたから。

決勝はまたも韓国と対決。

動じない心で、勝って欲しいです。

でも覚悟はしておきましょう。

あの国は勝っても負けても、いろいろ言うんでしょうから^^;

ガンバレ、日本!!
  • 2009.03.23 Monday
  • 13:20

スポーツ

WBC 第1ラウンド 日本−韓国

こんばんは、ハチです。

今日も職場ではWBCの話題で持ちきり。

「韓国は強い」「日本負けるかも」という話もチラホラ。

あまり詳しくないので、その時は物言わぬハチですが、内心は興味シンシン。

侍ジャパンの先発は松坂



試合は息詰まる接戦になるかと思われましたが、初回から日本の打線が爆発。

待ちに待ったイチローのヒットを皮切りに、3点を先取。


その裏、韓国の4番にツーランを返され嫌なムードになったものの、

次の回に、ジャパンの4番・村田が3ランを叩き込んで突き放す。

2試合連続のホームラン。しかもフルカウントから粘りに粘っての1発。

さぞや韓国のエースは精神的ダメージを受けたことでしょう。



その後も打線は途切れることなく、

そつなくチャンスを活かした日本が5回までで11−2と大きくリード。

松坂も70球制限のなか、4回を投げきりました。

最後のほうはシュートが効果的に決まり、大胆な配球でガンガンいってました。

打たれる気は全くしなかったでしょうね。

6回には、この日猛打賞のキャッチャー城島が2ラン。



日本は継投もパーフェクト。

日本14-2韓国(7回コールド)

歴史的大勝利!とテレビ中継は盛り上がっておりました〜♪

これで第2ラウンド進出は決定!

(あさってもアジア首位通過をかけて試合が。相手は多分また韓国・・・)

この勢いで全勝で突っ走れ!

GO!侍ジャパン!GO!!
  • 2009.03.07 Saturday
  • 22:00

スポーツ

WBC 第1ラウンド 日本−中国

こんばんは、ハチです。

ついに第2回ワールド・ベースボール・クラシックが開幕

やっぱり気になって、中継を観てしまいました。

日本は中国との対戦

侍ジャパンの先発はダルビッシュ有



4回を無失点で投げきりました。球数は46球。

50球以下だと中1日で登板可能というルール。

韓国戦の「もしも」にそなえてダルビッシュもスタンバイです。

試合は3回に村田がレフトスタンドに2ランを放ち、

「和製大砲」のパワーを見せつけた。



日本4−0中国

試合前の大差で日本が勝つという予想を裏切り、かなり苦戦しました

イチロー5打数0安打すべて内野ゴロでした



「不調だ」と周りが騒ぎすぎなんじゃないかと思います。

それに、打席に入った後の「イチロー」コールがうるさいんじゃないの

しかもやたらと変なタイミングで

集中してるとはいえ、やっぱ名前呼ばれたら気になるでしょ。


それでも数々の偉業を達成してきたイチロー、

7日の韓国戦では、きっとやってくれると信じています。

GO!侍ジャパン!GO!!
  • 2009.03.05 Thursday
  • 22:00

スポーツ

人類の限界

こんにちは。ハチです。

突然ですが、みなさんは100mをどれくらいのタイムで走れますか

今年の夏に北京でおこなわれたオリンピック

ジャマイカ出身のウサイン・ボルト

9秒69の世界新記録で優勝したのは記憶に新しいところです。



このたび、アメリカのデニー教授という人物が、

「人類が到達可能な100mのタイム」

を算出したそうです。

そのタイムは・・・


9秒48


このタイムで駆け抜けると、

北京五輪・男子100m決勝でのウサイン・ボルトより、

およそ2メートル、前を走ってゴールすることになるそうです。


北京でのレース直後、

ボルトのコーチ、グレン・ミルズ氏は

もし終盤でスピードを落とさなければ9秒52も可能だった

と述べたそう

 たしかに、決勝のボルトは、ゴールのかなり手前から横向いて「欽ちゃん走り」・・・

あれが最後まで全力疾走だったら・・・と思わなくもありませんが

そこはボルトのご愛嬌

とにかく、ウサイン・ボルトが人類の限界に最も近いのは言うまでもありません。

現時点では。
  • 2008.12.20 Saturday
  • 12:40

スポーツ

五輪 ソフトボール優勝!!

こんばんは。心臓バクバクびっくりソフトボール観戦してました、ハチです。


いやぁーー

金メダルおめでとーーー拍手


ピッチャー上野お疲れ様。まさに『鉄腕』グッド


そして最後の7回、攻守にファインプレー連発のサード・西山



よく野球で日本のスタイルを
『スモール・ベースボール』と表現しますが、


それはむしろ女子ソフトのためにあるんじゃないか!?


そう思うくらいに、今夜の女子ソフトチームは

堅実な守備

脚を使った圧倒的な機動力

アメリカを撃破星


チーム全員が、プレッシャーの中で緻密なプレーを徹底しました。

尊敬しますグッド

優勝、ホントにおめでとーーー拍手
  • 2008.08.21 Thursday
  • 22:04

スポーツ

佐野優子

こんばんは。意外と運動神経はいい「身の軽い肥満体」の異名を持つ男・ハチです。

ハチはバスケ以外も結構スポーツ好きです。

今、北京五輪を前に、ワールドグランプリで熱戦を繰り広げている
女子バレー
テレビに釘付けです。TBSの演出が若干ウザイですけどね。

にしても強いですねぇ。近年、栗原恵や木村沙織など、容姿でもサイズでも能力でも世界レベルの若い人材が台頭してからというもの、格上の国とやっても簡単には負けなくなりましたね。

そんな中で、ハチが今の日本女子バレー、勝利のファクターとして注目・応援してるのが『リベロ』佐野優子選手です。



バレーの『リベロ』はレシーブ専門。スパイクも打たなければサーブも打ちません。

佐野選手は、158センチと小柄ながら、圧倒的な守備範囲を持ち、ヨーロッパへの武者修行で磨き抜いたレシーブ技術を駆使して、身長2メートル近い化け物みたいな外国人選手の弾丸スパイクを精密機械のように、ぴったりセッター竹下の手元に返します。



縁の下の力持ちとして、ひたすら守備に徹する佐野選手。日本は何度ピンチを救われたでしょう。

というわけで、ハチは
佐野選手を力の限り応援します!!

調べてみたら、佐野選手の1979年生まれはハチと同い年ときめき
同世代のこんな小柄でカワイイ女のコが、国の代表として他国に怖れられる。。。
痛快ですなグッド

みなさんもテレビでバレー観戦する機会があったら、佐野選手の動きを目で追ってみてください。きっとびっくりするはずびっくり


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2008.06.22 Sunday
  • 20:20

1